引越しで出るごみ、
実はお金になるんです!
古雑誌や古紙などの売り方を紹介

引越しの時に大変なのが、溜め込んでしまったコレクションなどの整理。

「これを機会に片づけよう!」と思い立ったものの、あまりの数に困り果てて、みんなひとまとめにして捨ててしまおうかと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは非常にもったいない!
引越しで捨てられてしまいがちなものの中には、売ればお金になるものがたくさんあるんです。

さらに、出張買取を行っている業者を使えば、ごみを出しに行く手間も省けて一石二鳥ですよ。

このサイトでは、引越しの際に売ってしまいたいものの中でも、
ちょっと売り方にコツが要るものや、一般的には売れると思われていないものについてご紹介。

ごみとして捨ててしまう前に、ぜひ目を通してみて下さいね。

溜まってしまった古雑誌、
実は売れるんです!

古雑誌

近ごろはニュースや漫画、ファッション情報などを雑誌の代わりにスマートフォンで見ることも多くなりましたが、それ故に紙で買った雑誌は愛着が湧いて捨てにくいもの。

気付けば、ご家族全員合わせてかなりの数の古雑誌が溜まっていた、というご家庭も多いことでしょう。
引越しの機会に、リサイクルに出してしまおうと考えているかもしれませんね。

確かに古雑誌は、町の古本屋などでは買い取ってくれない場合もあるため、捨ててしまうしかないように思えますが…
実は、古雑誌を買い取ってくれるお店や業者は、意外と多いんですよ。

とくに一部の業者は出張買取を実施している場合もあるため、ゴミとして捨てるよりも手間がかからず、さらにちょっとしたお金になるかもしれません!

「古雑誌の買取依頼にオススメな方法をご紹介」のページでは、そんな古雑誌をお金に変える方法や、買取に出す際のコツなどについてご紹介しています。

百科事典は古本屋で
買い取って貰えないって本当?

百科事典

長い事引越しをしていないご家庭だと、お父さん、お母さんが子供の頃に買った「百科事典」を未だにお持ちかも知れません。

当時はたいへん価値のあるものでしたし、見栄えもするのでいかにもお金になりそうなんですが…
実は、百科事典を買い取ってくれるお店や業者というのは、かなり限られているんです。

町の古本屋さんでは、買取はおろか処分さえ断られることもあるため、何も知らないままお店に持ち込んで買取依頼をすると、かなりの手間になるかもしれませんよ。

ぜひ「邪魔な百科事典が大金に?高額で売れる5種類とおすすめ買取業者3選」のページをチェックして、買取を行ってくれる場所や処分の方法について知識を深めて下さいね!

古新聞や、切り抜き済みの雑誌はどうしたらいい?

古新聞

新聞をとっているご家庭や、「紙モノ」と呼ばれる趣味の収集をしていたご家庭では、古本屋さんには到底引き取ってもらえないような古新聞や、切り抜き済みの雑誌などがたくさん溜まっているかもしれません。

「さすがにこれは捨てるしかないよね…」とお考えのあなた、諦めるのはまだ早いですよ!

それらの紙に単体で価値がつくことはまれですが、まとまった量があれば古紙の回収業者が買い取ってくれるかも知れないんです。

「古紙を買取業者・フリマアプリ・ネットオークションで換金する方法◎」のページでは、そんな古紙回収業者の利用方法などを詳しくご紹介しています。

ぜひチェックしてみて下さいね。

古いおもちゃも、この機会に売ってしまいましょう!

古いおもちゃ

お子様が遊ばなくなったおもちゃ、「捨てようとすると子供が泣くから…」といった理由で大事にとっておいてありませんか?

そうしてついつい溜め込んでしまったおもちゃを処分するなら、引越しの機会がチャンス!

近ごろは、子供用のおもちゃを買い取ってくれるお店や業者も増えてきたので、捨てずに売れば思わぬお小遣いになるかもしれませんよ♪

「オススメのおもちゃ買取専門店を紹介!高く買い取って貰えるのはココ」のページでは、おもちゃを買い取って貰う際のコツなどを詳しくご紹介しています。

古いおもちゃを売って得たお金で、お子様に新しいおもちゃを買ってあげるのもいいかもしれませんね。