古紙を買取業者・フリマアプリ
・ネットオークションで換金する方法◎

古紙

要らない雑誌や新聞紙、段ボールなどの処分をしようとお考えの方は、
・古紙は回収に出すしかないのかな
・買い取ってもらえないかな

とお考えかもしれません。

実は、古紙は買取業者・フリマアプリ・ネットオークションを使うことで換金することができます。
古紙回収に出すだけだと、ただゴミとして出すだけで終わってしまいますが、お金に換えられたら嬉しいですよね。

ただ、お手元にある古紙の量や中身によって、この3つは使い分けた方がより高額を手に入れることができるんです。

ここでは、その使い分け方をご紹介します。
参考にしてくださいね。

重量・中身のレア度によって
使い分けるのが◎

古紙専門の買取業者は数十キロあるときに使う

古紙専門の買取業者を使うと、1キロあたり5~10円ほどで買い取ってもらうことができます。
※中身は、関係ありません。

雑誌・新聞・段ボールの総重量で、量り売りのように買取額が計算されます。
ただし、最小買取重量は10キロ以上という業者がほとんど。

買取の際には先方が訪問してくれるので、
「勤めている会社の倉庫にたくさん古紙があって困っている」
というように、かなりの量がある&なるべく楽に処分したいという方に向いています。

雑誌や新聞はフリマアプリで売ると◎

雑誌や新聞は、フリマアプリを活用することをおすすめします。

特に雑誌は、
・表紙が○○(芸能人)でまとめる
・ファッション誌/漫画誌というようにジャンルごとにまとめる

などというようにセット売りをすると、売りやすいです。

もしも1冊しかなくても、だれが載っているのか、どんな特集があるのかを説明文に入れるといいですよ。

中身を説明することで、その芸能人や特集に興味のある人が買ってくれるようになります。

新聞の場合は、日付を明記してくださいね。
「誕生日の新聞を探している!」という人も多いので、アピールできます。

漫画も、できれば全巻がそろっていると◎
買い手が「ほしい!」と思うようなセットにするのが、高く売るコツです。

いらない古紙は賢く換金♪
今すぐお手元をチェック

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます。

古紙を換金する3つの方法を、使い分け方とともにご紹介してきました。

■かなりの量がある場合は、買取業者へ
■雑誌や新聞はフリマアプリで
■レアなものは、ネットオークションに挑戦
この3つを覚えておいてくださいね。

特にフリマアプリやネットオークションに出した雑誌・新聞は、誰かにとっての宝物になるかもしれません。

しっかり中身を確認して、アピールポイントを探してみてください◎

当サイトでは、古紙の他にも、おもちゃなどを買い取ってもらう方法をご紹介しています。
引っ越しなど、いろんなものの処分方法を知りたいときにぜひ参考にしてくださいね。